このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • ホーム
  • 事業一覧
  • 目黒区社協について
  • 地図で探す
  • 寄付・会員
  • 広報紙

現在のページ

本文ここから

地域支え合い事業

更新日:2021年10月15日

コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)の配置

協議体の設置・運営

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の配置

ささえあいレポート(広報紙)

コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)の配置

コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)は、介護や育児、障がい、地域活動への参加など、くらしや地域のお困りごとを地域の方々や関係機関とともに協力して解決に向けて取り組みます。年齢に関わらず、くらしや地域のこと、あなたやあなたのまわりのこともご相談ください。また、地域で何かやりたい!という方もご相談ください。

(たとえばこんなこと・・)
  • 引っ越してきたばかりで地域のことがわからない
  • お隣の人がひきこもりがちで気になる
  • 一人暮らしでさびしい
  • 困っているが、どこに相談したらいいのかわからない

協議体の設置・運営

高齢社会の急速な進展の中、ひとり暮らしや日常生活でちょっとした支援が必要な高齢者が増えていき、生活の継続に必要な買い物や掃除などの「生活支援サービス」がこれまで以上に必要になると見込まれます。
今後は従来のホームヘルプサービスやデイサービスだけではなく、地域の元気高齢者を含め、多様な担い手による高齢者の支援体制を、地域の中に作っていくことが必要になってきます。高齢者の生活を支えるための地域づくりには、高齢者が地域の活動に参加したり、何らかの役割を持って活動することが、生きがいや介護予防となり、健康寿命を延ばすことにもつながると言われています。

目黒区社会福祉協議会は、目黒区から委託を受け、区内を5つに分けた日常生活圏域に地域の支え合いを広げるためにはどうしたらいいかを話し合う場として協議体を設置しています。

協議体の2層構造の図

目黒区第2層協議体情報

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の配置

関係者のネットワークづくり、地域のニーズや資源の把握とマッチングなどのコーディネートを行うことで地域の支え合い活動を推進します。

ささえあいレポート

生活支援コーディネーターおよびコミュニティ・ソーシャルワーカーが地域をまわって見た・聞いた「ささえあい」をテーマとした”ちょっといい話”や地域情報を紹介します。
コーディネーターが思いつくままに不定期で掲載していきます。どうぞご覧ください。
あなたのまちにある”ちょっといい話”がありましたら、ぜひ、お聞かせください!

ささえあいレポートはこちらからご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

地域支え合い事業担当

電話:03-5708-5792

ファックス:03-3711-4954

Eメール:sasaeai@meguroshakyo-i.net


本文ここまで

以下フッターです。

ページ上部へ