このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • ホーム
  • 事業一覧
  • 目黒区社協について
  • 地図で探す
  • 寄付・会員
  • 広報紙

現在のページ

本文ここから

地域支え合い事業

更新日:2018年3月29日

地域支え合い事業のご紹介

高齢社会の急速な進展の中、ひとり暮らしや日常生活でちょっとした支援が必要な高齢者が増えていき、生活の継続に必要な買い物や掃除などの「生活支援サービス」がこれまで以上に必要になると見込まれます。
今後は従来のホームヘルプサービスやデイサービスだけではなく、地域の元気高齢者を含め、多様な担い手による高齢者の支援体制を、地域の中に作っていくことが必要になってきます。高齢者の生活を支えるための地域づくりには、高齢者が地域の活動に参加したり、何らかの役割を持って活動することが、生きがいや介護予防となり、健康寿命を延ばすことにもつながると言われています。

目黒区社会福祉協議会は、目黒区から委託を受け、区内を5つに分けた日常生活圏域に地域の支え合いを広げるためにはどうしたらいいかを話し合う場として協議体を設置し、また生活支援サービスを広げるための調整機能を担う生活支援コーディネーターを配置しました。(平成30年度委託は4地区)

協議体の2層構造の図

協議体の設置・運営

多様な担い手による多様なサービスを提供し、高齢者を支援する体制を地域の中に作っていくために、地域の資源を開発し、関係団体間のネットワークづくり等を行う組織として、既に地域で支え合い活動を行なっている団体等からなる「協議体」を設置します。

協議体で話し合う内容(例)
地域の状況把握、情報共有

課題整理

解決方法の検討

解決へのバックアップ

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の配置

協議体のサポートを得て活動し、支え合い活動の仕組みづくりを推進していきます。

目黒区の協議体情報

このページに関するお問い合わせ

地域支え合い事業担当

電話:03-5708-5792

ファックス:03-3711-4954

Eメール:sasaeai@meguroshakyo-i.net


本文ここまで

以下フッターです。

ページ上部へ